鶯谷の風俗情報

鶯谷の新人風俗嬢

風俗で遊ぶなら新人に限る!新人が好きだ!という貴方のために!鶯谷で最近入店した新人風俗嬢の詳しい情報をご紹介。

鶯谷で遊べる出勤中の女の子

今すぐ遊ぶなら!鶯谷の風俗店に出勤中の女のコ一覧。
レア出勤で今しか会えない女性も居るので、要チェック!

鶯谷 風俗店舗

「鶯谷」という土地が持つ特徴とは。エリアの特徴

鶯谷は東京都台東区の地名となっています。ですがこの鶯谷という地名は行政上は存在していないため、山手線・京浜東北線の鶯谷駅を中心とした一帯地域が一般的にこう呼ばれているということになります。江戸時代は寛永寺領であったという歴史をもつために上野、根岸、根津に渡って多数の寺院が残っており、周囲を見回しても東京の他の地域のような高層ビルや高層マンションといった建造物はあまり見られません。この「鶯谷」という地名は江戸時代、寛永寺の住職として京都から皇族が駐在していた頃、その皇族の一人であった公弁が「江戸の鶯の声は訛っている」ということから当時の文化人であった尾形乾山に京都から鶯を運ばせて地域一帯に鶯を放ち、一帯が鶯の名所として扱われるようになったということに由来しています。
鶯谷駅南口では昨今、エレベーターの設置などによりバリアフリー改修工事が推し進められており、東京芸大や専門学校の学生、上野公園を散策するカップル、墓参りに足を運ぶ老人などで日々多くの人が足を運んでいます。特に鶯谷にある東京キネマ倶楽部などではアイドルの公演などが行われているためにファンでごった返すこともおおくなっています。また鶯谷には江戸時代から多くの文人が住んでおり、幕末から明治時代にかけて 武士・政治家・外交官として活躍した陸奥宗光の別邸も存在しています。根岸一丁目から三丁目のあたりは明治期から昭和初期の頃、正岡子規をはじめとする著名な文学人が多数居住しており、「根岸党」と称する文学人のサロンが形成されるなど、東京の文芸地として扱われていました。