高輪の風俗情報

「高輪」という土地が持つ特徴とはエリアの特徴

高輪は東京都港区の地名であり港区の南端、都心から公害への教会にあたる地域となっています。江戸時代にはこの高輪地区の高台に諸藩の別荘が多く置かれたことから、明治時代以降に皇族や高官、財界人の邸宅が立ち並ぶ地となりました。この傾向は現在でも変わっておらず東京においては高級住宅街の一つとして扱われており、東京二十三区内で上場企業の社長や会長が多く住む町ランキングの第一位として数えられています。しかし高輪ではホテルやマンション、公共施設といった住居施設の開発が進むにつれて歴史的価値の高い江戸時代頃の建造物などが多数失われる結果ともなってしまいました。地形としては坂道が多く、南北に長い丘陵地の形をしています。
高輪は現在、高級住宅街としての一面を強く持つために他の地区のような大規模な観光スポットや大規模商業施設といったものが比較的少ない土地として知られています。
高輪二丁目から四丁目丁目にかけてはスリランカ、エチオピア、マラウイ、アイスランドといった諸外国の大使館もいくつか設置されています。特筆すべき施設として知られるのは高輪三丁目に存在するSHINAGAWA GOOSという大型ビジネスホテルを核テナントとした複合商業施設であり、これは2010年9月に閉館したホテルパシフィック東京の建物を再利用する形で活用されています。部屋数935室という非常に大きなビジネスホテルを持つこのSHINAGAWA GOOSにおいては貸オフィスや貸会議室といったビジネス・コンベンションに用いるべき施設が多く存在しており、日々多くの利用者によってビジネス目的で利用されています。

高輪で遊べる風俗店