蒲田の風俗情報

蒲田の新人風俗嬢

風俗で遊ぶなら新人に限る!新人が好きだ!という貴方のために!蒲田で最近入店した新人風俗嬢の詳しい情報をご紹介。

蒲田で遊べる出勤中の女の子

今すぐ遊ぶなら!蒲田の風俗店に出勤中の女のコ一覧。
レア出勤で今しか会えない女性も居るので、要チェック!

蒲田 風俗店舗

キネマの天地、蒲田の過去と現在エリアの特徴

蒲田と言えば蒲田行進曲の映画の舞台になりましたが、実際に昭和の時代の蒲田には松竹蒲田撮影所という映画の撮影所がありました。通称「キネマの天地」です。キネマというのはギリシャ語由来の動きを能わす言葉で、その辺りはムーブという動きを表すムービーという言葉と語源が似ていますね。でもムービーというのはどちらかというとアメリカ語で、昔は英語のシネマの方が映画を表す言葉としては一般的でした。でもシネマはその響きが何となく日本語の「死ね」という言葉と似ているので忌み嫌われ、キネマと言う言葉を用いるようになりました。今ではムービーが好まれて使われるようになったので、シネマもキネマも何か昔懐かしい響きがします。
そんなキネマという言葉がこの町にはぴったりします。松竹という会社自体が元々京都の会社なのでそんな雰囲気がするというところもあるのでしょうか。只、蒲田のもう一つの側面として中小企業の工場が多いということや、羽田空港が近いということがあり、その騒音が撮影には不向きであるということから、今では蒲田の撮影所はなくなってしまいました。その跡地には大田区の区民ホール「アプリコ」と「ニッセイアロマスクエア」と呼ばれる建物が建っています。でも今でも蒲田と言えば映画というイメージがぴったりするので、JR蒲田駅の列車の発車音楽には映画「蒲田行進曲」のテーマが使われています。40代や50代の人達にとってはとても懐かしいメロディですね。