箱根の歴史や気候、観光名所について

箱根は江戸時代から続く有名な温泉地です。開湯は奈良時代であり、その歴史は1200年です。箱根の発展に貢献した人物の一人福沢諭吉は交通の便を良くするための手助けをしました。
箱根の気候は、場所によって大きく異なります。温泉街がある箱根湯本付近では冬であってもあたたかいですし、夏は少し暑めになります。但し、夜は冷えますので注意することが必要となります。また、芦ノ湖周辺になってくると、秋でもコートを着なければ寒いほどになります。夏場は涼しいですが、こちらも夜になると冷えます。全体的に、昼間と夜の気温差がとても激しいです。その他、箱根湯本よりも先の海抜が高い地方は冬は寒いですし、夏も涼しいです。雪も積もることがあります。

箱根の観光名所はとても沢山あります。
まず、温泉地としての箱根は、箱根湯本や強羅が有名です。温泉街として多くの観光客でいつも賑わっています。様々なお土産物も売っていますし、名湯の温泉が数多く点在しています。また、芦ノ湖も観光名所として有名です。芦ノ湖では観光船に乗り、楽しむ観光客が多いです。その芦ノ湖に足元を浸して建つ赤い鳥居が、箱根神社の鳥居です。高い杉がそびえ立つ参道は清々しい雰囲気が漂っています。
名産物としては、寄木細工が有名です。とても美しく巧緻な細工が施され、小さな小箱から大きな裁縫箱まで様々なものが売られています。職人芸の素晴らしさを堪能することが出来る名産物であるため、数多くの観光客が買い求めていきます。

箱根で遊べる風俗店