神田の風俗店・風俗嬢情報

歴史と新しさが融合する神田の魅力エリアの特徴

神田は千代田区の北東部にある地域で、江戸時代には江戸幕府の意向によって商人や職人の住む町屋が集まり、これが現在の下町の風情へとつながるきっかけになっています。地形的にはこのエリアに低湿地帯が広がっており、水運の便が良かったことから魚河岸や青物市場などが繁盛していました。千代田区は全体的に区外からの通勤者や通学生が非常に多く、昼間と夜間の人口差が大きいことが特徴となっています。この特徴は神田エリアにも同様に当てはまり、昼間の人口は約12万9千人、夜間は約5200人とかなりの人口差が生じています。また、人口増加率に対して世帯増加率が少ないことから、ファミリー層よりも単身世帯での居住者が多いことが予測されています。
神田の中心的な存在と言える場所は、国の登録有形文化財にも指定されている神田明神です。この神社で行なわれる神田祭は日本の三大祭の一つとされており、毎年5月の中旬には数多くの神輿や山車の行列によってエリア一体が賑わいます。また、甘酒や納豆、味噌といった発酵食品はこの界隈の名物となっており、江戸時代から地元の住民に愛されている伝統的な製品です。さらに、古書店街や秋葉原電気街も神田を代表する人気スポットとなっています。古書店街で開催される古本まつりや、秋葉原電気街で毎週日曜日に実施される歩行者天国は、全国から観光客の集まるイベントとして非常に有名です。多くの私立大学が密集していることも、これらの人気スポットが発展している大きな理由の一つと言えます。

神田で遊べる風俗店