石巻の風俗店・風俗嬢情報

石巻(宮城)についての地域情報エリアの特徴

石巻の人口は1970年には178千人であったものが1980年には186千人と増加しましたが、1990 年には183千人と減少に転じ、2000 年には175千人、2010年には161千人となっています。気候は太平洋側気候で、年平均気温は11.6 ℃です。最も暑いのは8月で23.5℃、最も寒いのは1月で0.7℃です。年降水量は1067㎜です。最も多いのは7月で148㎜、最も少ないのは12月で34㎜です。 石巻市のほぼ中央を北上川が北から南に流れ、北上川の西側には仙台平野が広がり、東側は北上山地となっています。太平洋側の海岸はリアス式海岸となっています。石巻の歴史の概要は以下のとおりです。戦国時代、葛西氏が日和山城を築きました。その後伊達氏の領地となり、明治時代には政府の直轄となりました。石巻は東北地方の大都市仙台の北東に位置しており、鉄路では仙石線によって仙台駅と結ばれています。

石巻の観光名所としては、おしかホエールランド、北上川・運河交流館、金華山、県立自然公園 旭山、日和山公園、田代島(マンガアイランド・ネコの島)、こもれびの降る丘 遊楽館、渡波海水浴場などがあります。周辺の主要都市には仙台市、東松島市、塩竃市、大崎市などがあります。石巻の産業の概要は以下のとおりです。北上川の西側では稲作を中心とした農業生産が盛んです。沿岸部では漁業、湾内での養殖業などが盛んです。市内には牧場があり、畜産業も行われています。石巻が行っている事業には震災復興事業、市街地再開発事業、土地区画整理事業などがあります。石巻の名産品としては、笹かまぼこ、たらこ、べっこうシジミ、雄勝石などがあります。