浜松町の風俗店・風俗嬢情報

モノレール羽田空港線の発着地・浜松町エリアの特徴

浜松町は、東京都港区に位置し、面積は0.2平方キロメートル、夜間人口は約1,000人ほどですが、昼間人口は約22,000人にもなります。
気候は温暖ですが、昼夜間人口の差をみても明らかなとおり、居住の町というよりも、むしろ業務機能やそれに付随した商業機能が集積する町といった趣きであり、特に東京モノレール羽田空港線の発着駅となっていることから、世界貿易センタービルをはじめとする国際関係の業務を担う業種などが集中しています。
浜松町の成り立ちを見ると、江戸時代、遠州浜松出身の権兵衛が名主となったことから今に続く地名が生まれ、増上寺のお膝元にあたることから、参詣人相手に路上で大道芸を繰り広げる願人とよばれる人たちが集団で住んでいました。
関東大震災後は東京の大規模な都市改造が行われるなかで町名や区域の変更などがあり、戦後は区の合併により港区が成立して現在に至ります。

浜松町は、昭和39年に東京の空の玄関口である羽田空港へと続く東京モノレール羽田空港線が開通したとき以来、その発着駅となっており、昭和45年には、日本商工会議所の主導により、コンベンション機能、展望台、レストラン街などを有する世界貿易センタービルが建設されるなど、その立地特性を生かして、通関・貿易をはじめとする国際関係業務や、これらに付随する商業などの業種が集積しています。近年も高層ビルの浜松町スクエアが建設されるなど、ますます発展を続けています。
浜松町には都営地下鉄大江戸線の大門駅がありますが、これは芝増上寺の総門があったことに由来しており、徳川家の菩提寺の一つであり、江戸の裏鬼門の守護とされた同寺は多くの観光客が訪れる周辺の名所となっています。

浜松町で遊べる風俗店