浅草の風俗情報

浅草の新人風俗嬢

風俗で遊ぶなら新人に限る!新人が好きだ!という貴方のために!浅草で最近入店した新人風俗嬢の詳しい情報をご紹介。

浅草で遊べる出勤中の女の子

今すぐ遊ぶなら!浅草の風俗店に出勤中の女のコ一覧。
レア出勤で今しか会えない女性も居るので、要チェック!

老舗の飲食店や和菓子店が群雄割拠する浅草エリアの特徴

東京を代表する観光地といえば浅草です。台東区の東部、隅田川の西岸に位置し、銀座線、都営浅草線、東武伊勢崎線、つくばエクスプレスの4線が乗り入れています。その中心をなす浅草寺は開基1400年近い歴史があり、中世から江戸時代、そして今日に至るまで、多くの参拝客を集めています。特に江戸時代には現在の浅草寺の北側に歌舞伎座がおかれ、そのさらに北側には吉原遊郭がおかれ、江戸で最もにぎわう地でした。明治末期には地上12階の凌雲閣が建てられランドマークとなりました。また国際劇場やロック座などの演芸場ができ、落語や漫談など文芸の中心としての役割も担いました。また浅草上野間で昭和2年に開通した銀座線はわが国最古の地下鉄です。現在でも三が日には300万人近い参拝客を集め、三社祭や隅田川花火、サンバカーニバル、時代祭り、東京マラソンなど年中イベントが開催され、国内外から多くの観光客が訪れます。
浅草は老舗の飲食店が群雄割拠する町です。鰻、天麩羅、すき焼きの老舗が多く、そのほとんどは若い店で戦前、古いものでは創業150年以上の江戸時代からの創業です。特にすき焼きは発祥とも言うべき店もあり、明治時代に創業した店が5店舗もあり、浅草のうまいもの名物の代表格です。またスィーツ、特に和菓子の名物も多いのが特徴です。特に雷門左手や浅草寺裏手などに店を構えるおこしは、創業250年を越える老舗で、浅草だけでなく、東京土産として、東京駅や羽田空港でも必ず見かける名物です。また雷門右手で店を構える人形焼の店やその対角の人形焼き店は行列が途絶えることはなく、仲見世どおりに店を構える芋ようかんの店は、全国各地のデパ地下でも必ず見かける東京銘菓です。どれも創業100年を超える老舗和菓子店です。このように浅草は江戸から明治にかけての伝統の食文化を今に伝える町なのです

浅草で遊べる風俗店