桜ノ宮の風俗店・風俗嬢情報

銀橋と大川沿いの景色が素晴らしい桜ノ宮(大阪)エリアの特徴

桜ノ宮は、大阪城が鎮座する上町台地の北側の大川沿いにある地区です。大阪は、かつては大坂と呼ばれていました。かつての大坂の町は水運が発達していて多くの橋があったため、八百八橋とも呼ばれていました。桜ノ宮駅は大川の東岸にあり、今でも水運が盛んであったころの名残があります。大川の両岸には、見事な桜並木があります。桜ノ宮という地名のとおりで、大阪市内を代表する桜の名所として市民や観光客に親しまれています。上町台地からは大川の流れを眼下に見下ろすことができます。大川沿いの地域には、昔から多くの庶民が暮らしてきました。町人文化や商人文化も発達してきた地域でもあります。大川に架かる個性的な橋も魅力的で、大阪らしい景観が今でもよく残っています。

桜ノ宮駅周辺のシンボルとなっている橋には、桜宮橋があります。近年になって新桜宮橋が架りましたが、1930年に竣工した旧橋も現役で使われています。桜宮橋は国道1号線の終点のすぐ近くにある橋として有名で、アーチの塗装色から銀橋とも呼ばれて親しまれています。桜ノ宮駅の周辺がもっとも賑やかになるのが、春の桜の季節です。ソメイヨシノが見頃になる3月下旬ごろになれば、大川の両岸で花見を楽しむ人で混雑します。両岸に遊歩道が整備されているため、安全な環境で散策が楽しめるようになっています。大川沿いにある毛馬桜之宮公園は広大な敷地があるのが特徴で、花見の名所でもあります。大阪城公園の桜も見事ですが、大川沿いの桜も必見の価値があります。

桜ノ宮で遊べる風俗店