栗原の風俗店・風俗嬢情報

栗原(宮城)の魅力や特徴等の地域情報エリアの特徴

宮城県の栗原市は、2014年時点で約7万人の人口を擁する県内北西部に位置している市です。2005年に栗原郡全町村が合併して発足しており、宮城県内で最大の面積を持つ地方自治体です。秋田県の湯沢市や岩手県の一関市と隣接しており、県を超えた交流が盛んであり、JR東日本の東北新幹線のくりこま高原駅が所在しています。また、東北自動車道や東北本線等が存在しており、交通環境は整備されています。広大な面積を誇る事から気候にも地域差があり、北西部は雪が多い事が知られていますが、南東部の降雪量はそれほど多いわけではありません。縄文時代の集落の遺跡も発掘されており、非常に長い歴史を持っています。古くより稲作中心の農業が営まれており、自然が豊かな田園都市です。

宮城県の栗原市は、稲作が古くより行われてきたという事で、米や餅、地酒が名産品として知られています。郷土料理の紹介にも力を入れており、地元食の本も発行しています。栗原に古くより伝わる季節の食材を使用した煮物や和え物の内容を知る事が出来ます。

縄文時代晩期から弥生時代前期にかけての集落遺跡である山王囲遺跡は、昭和46年に国の史跡に指定されている栗原市の観光名所です。東北地方有数の大規模集落と考えられており、縄文時代の布の断片や土器、漆塗りの容器等の多数の貴重な考古学資料が出土しています。これらを収蔵展示している栗原市一迫埋蔵文化財センターでは、土器づくり等の体験学習も用意されており、大人から子供まで楽しむ事が出来ます。