川崎の風俗店・風俗嬢情報

川崎の新人風俗嬢

風俗で遊ぶなら新人に限る!新人が好きだ!という貴方のために!川崎で最近入店した新人風俗嬢の詳しい情報をご紹介。

  • 新人さん まみ

    まみ(49)

  • 新人さん あすか

    あすか(52)

  • 新人さん ともみ

    ともみ(52)

  • 新人さん すみれ

    すみれ(56)

  • 新人さん えりか

    えりか(36)

  • 新人さん あきな

    あきな(47)

  • 新人さん まいこ

    まいこ(44)

  • 新人さん ゆみ

    ゆみ(47)

  • 新人さん ゆりえ

    ゆりえ(52)

  • 新人さん くみ

    くみ(46)

  • 新人さん かりん

    かりん(57)

  • 新人さん 痴女なみ

    痴女なみ(25)

  • 新人さん かほ

    かほ(54)

  • 新人さん さえこ

    さえこ(47)

川崎で遊べる出勤中の女の子

今すぐ遊ぶなら!川崎の風俗店に出勤中の女のコの一覧です。
レア出勤で今しか会えない女性も居ますので、要チェックです!

  • 出勤中 痴女いずみ

    痴女いずみ(26)

  • 出勤中 ここね

    ここね(40)

  • 出勤中 由愛(ゆめ)

    由愛(ゆめ)(38)

  • 出勤中 痴女らん

    痴女らん(28)

  • 出勤中 痴女ひめか

    痴女ひめか(27)

  • 出勤中 さよ

    さよ(60)

  • 出勤中 麻紀(まき)

    麻紀(まき)(41)

  • 出勤中 恵(けい)

    恵(けい)(39)

  • 出勤中 痴女いちか

    痴女いちか(29)

  • 出勤中 亜衣(あい)

    亜衣(あい)(38)

  • 出勤中 白鳥(しらとり)

    白鳥(しらとり)(38)

  • 出勤中 美咲(みさき)

    美咲(みさき)(35)

川崎の口コミ情報

川崎の風俗店で実際に遊んだユーザーさんが実際に遊んだ感想を投稿中!女の子の情報詳細ページから貴方も投稿してね♪

川崎の口コミ情報をもっと見る

女のコの詳細ページで口コミが書けます!みんなの体験を投稿して風俗業界を盛り上げよう!

  • ゆき

    ゆき(44)についての投稿 (川崎・蒲田/人妻・熟女デリヘル 完熟ばなな川崎

    えみさんの柔らかい心に癒され、成熟した今が女盛りの体は、抱き心地満点でした。


    工事中

    05/02 20:54

  • もえ

    もえ(66)についての投稿 (川崎・蒲田/人妻・熟女デリヘル 完熟ばなな川崎

    わたしよりも20も年上なのに可愛い、早く抱いてみたいです
    楽しみです


    yoso自慰

    10/22 20:58

川崎 風俗店舗

  • 完熟ばなな川崎

    完熟ばなな川崎

    川崎・蒲田

    新感覚出合い待合せ型デリバリー! 30歳~70歳の人妻・熟女専門店! 風俗でヌケるのはもう当たり前!仕事と割り切った サービスなんか...

  • 川崎ミセス・ロード

    川崎ミセス・ロード

    川崎

    タイプフリー指名半額割引 60分 28,000円→14,000円 80分 38,000円→19,000円 100分 46,000円→23,000円 120分 54,000円→27,000円 14...

  • 倶楽部フローラ

    倶楽部フローラ

    川崎発

    美狂乱とは… 「美しく」「狂い」「乱れる」 当店のド淫乱なお姉様や人妻は、 貴方の変態願望を、優しく受け止めてくれます、イヤラシイ...

川崎風俗最新ニュース

古くから産業が栄えた政令指定都市・川崎エリアの特徴

川崎市は、神奈川県の北東部に位置し、東京都と横浜市にはさまれた面積約142平方キロメートル、人口約145万人の政令指定都市です。
市の北側は多摩川が流れ東京都に接し、東側には東京湾が広がり、気候は1年を通じて比較的温暖となっています。
古代には武蔵国の一部として郡の役所が置かれ、中世には多くが鎌倉幕府の御家人・稲毛氏が領する荘園となっていたほか、川崎大師平間寺が創建されて門前町が形成されました。
江戸時代には中原街道、次いで東海道が交通の大動脈として機能し、川崎宿が置かれて賑わいをみせ、次いで明治以降は鉄道路線の開業にともなって川崎駅周辺で都市化が進展したほか、重工業などの工場の進出もみられるようになりました。
戦後も工業化に加えて相次ぐ大学の開設や東名高速道路の開通などにより重要性を増し、政令指定都市となりました。

川崎は近世の二ヶ領用水開削で水田が拡大したほか、果樹の栽培・出荷も盛んで、一時は長十郎梨が名産となっていましたが、今日では都市化により農地が大幅に減少しています。
その一方、東京湾埋立てにより拡大した海浜部を中心として、京浜工業地帯ーの一翼を担う工場群が戦前から立地しており、化学、製鉄、電子・機械工業などが集積しているほか、近年では先端科学技術の研究拠点にもなっています。
さらに、戦後は交通インフラや大学キャンパスの立地なども進んだことから、川崎駅周辺には大規模な商業施設が数多く開業しており、溝の口や新百合ヶ丘などにも副都心として同様の商業集積が進んでいます。
観光面では川崎大師が初詣の参拝者約300万人弱と全国有数の地位を占めているほか、「音楽のまち」と銘打ったアジア交流音楽祭などのコンサート、市民映画祭であるKAWASAKIしんゆり映画祭などの文化イベントが人気となっています。