岩沼の風俗店・風俗嬢情報

仙台近郊の交通の要衝・岩沼(宮城)エリアの特徴

宮城県岩沼市は、宮城県南部の都市で、総面積は約60平方キロメートルとなっています。市の東側は太平洋に面し、南を阿武隈川が流れ、平坦な土地が多い地形のため、東日本大震災で甚大な被害をこうむり、現在の総人口は約4万人となっています。気候としては太平洋側気候に属するため、通年で比較的温暖といえます。
市内の北部、名取市とまたがるエリアに仙台空港があるほか、国道4号、仙台東部道路が市域を南北に縦断しています。仙台方面に至る国道4号と、水戸方面からの国道6号との結節点でもあるなど、交通の要衝地です。
歴史的にみると、この地は古代には陸奥国とよばれ、国府多賀城が造成されるまでの間に武隈館とよばれる建物があったといわれます。奥州街道と浜街道(陸前浜街道)との分岐点でもあるなど、古くから交通の要衝であったことに変わりはなく、江戸時代には岩沼藩の城下町となったほか、街道筋に宿場が置かれて栄えました。

岩沼市内には各産業がバランスよく存在しており、農業では平坦な地形を生かした水稲栽培が盛んで、田の面積は約1,400ヘクタールほどあります。工業については、市内の製造事業所数は300以上、製造品出荷額等は1,800億円規模となっています。なお海岸に近い位置に仙台空港岩沼臨空・矢野目工業団地がありますが、大震災後の津波で被災しています。商業については、卸・小売業の事業所数が300以上、年間商品販売額は1,000億円超となっています。
観光については、年間観光入込客数は200万人超で、平安時代にすでに勧請されていたという竹駒神社が鎮座し観光スポットとなっているのが大きく寄与しています。正月の初詣や3月の初午大祭は相当の混雑となります。また、岩沼市の名産品としては、キュウリ、メロン、リンゴ、カーネーションなどの野菜、果物、園芸植物といったものや、地酒などがあります。

岩沼で遊べる風俗店