多賀城の風俗店・風俗嬢情報

多賀城(宮城)の地理と観光名所についてエリアの特徴

宮城県の多賀城市は仙台市の北東に位置しています。市名の由来は古代国府の多賀城によるものです。仙台市の都心部から見て仙台港の近くに位置している市です。隣接している自治体に仙台市や宮城郡利府町などが挙げられます。仙台市の中心部から電車でアクセスが容易にできるため、ベッドタウンとしても有名です。西部の水田地帯では住宅地の開発が進められています。かつて仙台市から政令指令都市となるために合併の要請がありましたが、多賀城市はこれを受けずに市としての独立の道を選びました。また、町は街道沿いに発展してきた為、商店はロードサイド店が非常に多いです。よって、市の中心部が存在しないという点が多賀城市の特徴であると言えます。

多賀城市の観光名所は多賀城跡や、柏木遺跡等の特別史跡です。
多賀城跡は724年に大野東人によって創建され、陸奥国府と鎮守府が合わせて置かれました。四方が約900メートルと非常に広い城であることがわかっています。その中心に重要な政務や儀式を行う場が設けられていました。奈良県の平城宮跡や福岡県の太宰府跡と合わせて日本三大史跡とされています。
柏木遺跡は奈良時代の工房跡がまとめて発見された史跡です。ここでは鉄が作られたことがわかっています。柏木遺跡で作られた鉄は多賀城に運ばれ、武器として加工されたのではないか、と言われています。よって、柏木遺跡は現代で言う、製鉄所の役割を担っていたと考えられています。このように歴史の勉強となる観光名所が多数挙げられます。