塩釜の風俗店・風俗嬢情報

浦戸諸島などの景勝地がある塩釜(宮城)エリアの特徴

塩釜市は、宮城県中央の仙台湾に面する都市です。正確には塩竈市という地名になります。仙台市と松島という一大観光地に囲まれた場所にあり、一年を通して観光客が多い都市です。昔から水産業が盛んな地域として有名で、蒲鉾や薩摩揚げなどの練り物の一大生産地となっています。海に面した地域であるため、水産物の恵みを享受することができるのは利点ですが、過去には何度も津波の被害を受けてきた歴史もあります。2011年の東北地方太平洋沖地震でも大きな被害を受けています。現在は震災からの復興に向けて街づくりが行われ、観光客を誘致する動きも活発です。塩釜市の特産品の蒲鉾は全国へ向けて出荷されていますから、日本の食卓を支えています。

塩釜市の海には、浦戸諸島という景勝地があります。浦戸諸島は、松島諸島に連なるもので、大小の島々が海に浮かぶ景観が美しいことで有名になっています。日本三景の一つの松島のほうが全国的には有名ですが、隣接する浦戸諸島の美しさも劣らないものです。周辺では市が運営する汽船に乗って、浦戸諸島の景観を眺めることもできます。市内を代表する古社として有名なのが、鹽竈神社です。鹽竈神社は地元地域の鎮守として崇められ、桜の名所としても親しまれています。塩釜市内には、地元産の海産物が取引される塩釜水産物仲卸市場があります。塩釜水産物仲卸市場には、一般向けの直売店もあります。この地域では、新鮮な海産物を安く手に入れることができるため、遠方から買い出しに来る観光客も少なくありません。