堺の風俗情報

堺(大阪)の町の発展してきた歴史と様子エリアの特徴

堺は大阪府の南部に位置し、大阪湾に面したところにあります。
その名前は方違神社がある三国山が摂津の国、河内の国、和泉の国の3つのどの地域にも属さず、その境にあったということに由来しています。
方違神社とは、どの国にも属さず方位のない地ということで方災除けの神社として信仰を集めてきた神社です。
堺は中世には「東洋のベニス」といわれ、貿易港として栄えてきました。
戦国時代には環濠都市として自治的に都市運営が行われてきましたが、大坂夏の陣で全焼したのです。
そして復興はしたものの第二次世界大戦での大空襲も経て復興し、今の堺市となりました。
その後の発展は目覚ましく、泉北ニュータウン、をはじめ多くの住宅地もでき人口がどんどん増えました。
2005年には人口が80万人を越え、2006年には区制が施行されました。
現在は84万人を擁し、府内では大阪市に次ぐ大都市です。

堺は日明貿易の中継地として栄えてきました。
来日した宣教師は「日本の最も富める湊にして国内の金銀が集まるところ」と司令官宛に報告していたほどです。
その後も貿易地として栄えましたが鎖国を機に経済の中心が大坂に移り境の管轄は大坂町奉行となりました。
しかし醸造業や紡績、煉瓦産業を中心に工業都市に発展していきまdした。
そして大阪のベッドタウンとして都市として発展してきたのです。
また堺は刃物の町として全国でも有名です。
境には大仙公園、浜寺公園、大泉緑地をはじめたくさんの公園があり、緑も豊富です。
仁徳天皇陵や履中天皇陵などの古墳もあります。
秋には各地で祭りが行われますが、それぞれの地域の神社を中心にだんじり祭りが行われます。

堺 風俗店舗

堺で遊べる風俗店