名取の風俗店・風俗嬢情報

名取(宮城)の地域についての概要エリアの特徴

宮城県名取市は、周辺2町4村の合併が行われた3年後の昭和33年に市制施行された市で、東北の中心都市・仙台市の南部に隣接するベッドタウンとして1980年代より開発が進みました。
仙台平野の太平洋沿岸の一部であるとともに、名取川や阿武隈川といった大きな河川の沿岸でもある海辺かつ川辺の街であると言えます。今から400年ほど昔に仙台藩主の伊達政宗が、仙台の城下町を構築する際に阿武隈川流域の豊富な森林による木材を海岸沿いを経て名取川や広瀬川を遡り、製材で栄えた南材木町まで運ばせたと伝えられています。またこれらの河川は奥羽山脈の源流からもたらされる清水であることから、ササニシキやひとめぼれといったおいしい米づくりの普及した地域でもあります。

名取市は東北地方で唯一の国際空港である仙台空港を擁しています。最長距離を誇る国道4号線が縦断する地域であると共に、東北自動車道・常磐自動車道とのアクセスを実現した高規格道・仙台東部道路や、JR東北本線から分岐する第3セクター運営の仙台空港鉄道による仙台空港アクセス線の整備により、自動車・新幹線などとの直結できたことから、仙台市中心部との往来が容易になった交通網が完成されています。
しかし、2011年の東日本大震災の際には、津波が押し寄せる仙台空港の様子が映像として流れていたように、平地ならではの防災対応が改めて強化されることが望まれているため、自治体としても復興・再生の一環として名取川の治水工事や堤防の強化工事などを現在も取り組んでいるのが現状です。