古川の風俗店・風俗嬢情報

古川で遊べる出勤中の女の子

今すぐ遊ぶなら!古川の風俗店に出勤中の女のコの一覧です。
レア出勤で今しか会えない女性も居ますので、要チェックです!

  • 出勤中 蓮見れいか

    蓮見れいか(29)

  • 出勤中 白咲まな

    白咲まな(24)

  • 出勤中 浜波りか

    浜波りか(29)

  • 出勤中 春川ひまり

    春川ひまり(23)

  • 出勤中 瀬戸ゆいな

    瀬戸ゆいな(29)

  • 出勤中 一条ひびき

    一条ひびき(29)

古川 風俗店舗

古川風俗最新ニュース

ササニシキ誕生の地・古川(宮城)エリアの特徴

宮城県の古川地区は、肥沃な大崎平野に位置し、かつて県北地域の中心都市・古川市として市政が敷かれていましたが、2006年にこの市と周辺6町による広域合併が行われて、現在は大崎市の区域に含まれています。
古川地区の面積は約134平方キロメートル、人口約75,000人であり、大崎市全体としては面積約796平方キロメートル、人口約13万人ですので、市内でも特に人口が集中する地区であるといえます。気候としては東北らしく冬場の寒気が強いですが、夏場は冷涼で自然も多いところです。この地区には東北新幹線古川駅があるほか、陸羽東線や東北自動車道などの鉄道・道路の路線が走っています。
歴史的には多賀城創設以前に名生館遺跡に朝廷の拠点的施設があったことが知られ、中世には奥州探題・大崎氏の居館が置かれました。豊臣秀吉の奥州仕置による大崎氏の滅亡後は伊達氏の所領となり、以来近世を通じて仙台藩の統治を受けました。

古川地方には複数の河川が流れ、土地は平坦で肥沃であることから農業が盛んであり、ササニシキ、ひとめぼれなどのコメの人気の品種の故郷となっている県営古川農業試験場も置かれています。また、地区内に東北自動車道や東北新幹線などが走り交通の便がよいことから、宮城県北部の商業機能の中心となっており、商業従事者も比較的多くみられます。
観光面では、大正デモクラシーの先導役となった吉野作造博士が古川出身であることから、吉野作造記念館が市街地に建てられており、社会科見学などでの需要があります。また、県が管理する化女沼ダムは、北上川水系の長者川の水源となっており、もとは自然湖であったものをダム化したもので、貴重な自然環境としてラムサール条約登録湿地にもなっています。名産品としては、ササニシキやひとめぼれといったブランド米のほか、県産米でつくる地酒などが挙げられます。