十三の風俗情報

淀川を渡河する地点にある十三(大阪)エリアの特徴

大阪の街では、縦に伸びる街路に筋という名称を加えます。有名なものには御堂筋がありますが、大阪駅から北へ伸びて淀川を渡る十三筋も重要な通りです。淀川の左岸側にあるのが大阪駅や梅田駅であり、右岸にあるのが阪急線の十三駅です。巨大ターミナルの大阪駅と梅田駅に隣接する付近であるため、超高層ビルも林立する街並みとなっています。極めて特異な外観が特徴の梅田スカイビルは、淀川の河川敷からもよく見えます。十三駅の南側の淀川では、夏の季節には花火大会が開かれます。大阪の夏を代表するイベントの一つとなってい淀川花火大会が開かれるときには、十三筋は多くの人で賑わいます。平日の朝になれば、この通りを多くの通勤客や通学の学生が行き交う姿が見られます。

この地域のシンボル的な存在となっているのが、1932年に竣工したタイドアーチ構造の十三大橋です。トラス構造を併用したタイドアーチとなっていて、5連の優美なアーチが淀川の水面に浮かぶ光景は見事なものです。十三大橋の隣には、阪急線のトラス橋が架かっていて、独特な栗色の阪急電車の姿を一望することができます。淀川の右岸にある十三駅の周辺には、昔ながらの商店街が広がっています。淀川区役所などの公共施設も隣接しているため、いつ訪れても人が多い場所です。淀川の河川敷には、公園も併設されています。地元の人の散歩場所としても親しまれる場所であり、観光客にとっては大阪駅周辺の景色を俯瞰できる場所としても重要になっています。

十三 風俗店舗