北千住の風俗情報

古くからの宿場町として栄え、荒川と隅田川に囲まれている北千住エリアの特徴

北千住は日光街道の最初の宿駅である千住宿の一地区です。江戸時代に整備された五街道の中でも、東北方面へと通じる大動脈として重要な存在だったのが日光街道です。日光街道の最初の宿駅であるということは、江戸の城下町への玄関口でもあるということです。江戸に入府した徳川家康は、1594年に隅田川で最初の橋となる千住大橋を創建させて、交通の円滑化を推進しました。現在の隅田川は、かつての荒川本流です。かつては千住大橋付近までを荒川と呼び、下流では隅田川という俗称で呼ばれていました。北千住付近の地形は低地であり、隅田川の流れが蛇行している影響もあり、江戸時代から水害に悩まされてきました。そのため、明治時代末期に荒川放水路の開削工事が始まり、昭和の始めに完成して現在の荒川の本流となりました。
現在の北千住は荒川と隅田川の2つの大きな川に挟まれた場所にターミナル駅の北千住駅があり、商店街が東西に広がっています。かつては宿場町であったため、銘菓を扱う和菓子店が多い街として有名です。荒川の千住新橋からも近い場所にある団子屋では、槍かけ団子が名物となっています。昔ながらの製法で丁寧に炭火焼きをして作る槍かけ団子は、北千住を訪れる観光客や地元の人から広く親しまれています。北千住駅の北側の荒川は人工の河川ですが、都会では貴重となる広大な河川敷があるため、野球やサッカー、サイクリングなどのスポーツが行われる名所となっています。隅田川の千住大橋の周辺でも散策を楽しむことができます。隅田川の千住大橋は巨大な鉄骨のアーチが特徴で、この地域のランドマーク的な存在です。

北千住 風俗店舗