上野の風俗情報

上野の新人風俗嬢

風俗で遊ぶなら新人に限る!新人が好きだ!という貴方のために!上野で最近入店した新人風俗嬢の詳しい情報をご紹介。

上野で遊べる出勤中の女の子

今すぐ遊ぶなら!上野の風俗店に出勤中の女のコ一覧。
レア出勤で今しか会えない女性も居るので、要チェック!

上野 風俗店舗

パンダの街ご当地アイドルの街上野エリアの特徴

上野は東京都台東区の西部に位置する町です。
エリアは東端は昭和通り、北端は浅草通り、南端は蔵前橋通り、西端は昌平橋通りという限られたエリアですが、それに隣接する上野公園、東上野、北上野を含めたエリアを呼ぶ場合が多いです。
これらを含めたエリアには約15000人が暮らしています。
そのうちに800人強が外国人というのもこのエリアの特徴です。
これらを含めると、東は左衛門橋通り、北は言問通りにまで広がります。
江戸時代初期には徳川家菩提寺の寛永寺の門前町として栄えました。
幕末には江戸で唯一戊辰戦争の一幕のあった地で、官軍と彰義隊の激しい戦のあった地でもあります。
また1885年の上野駅開業以来今日まで、東京の北の玄関口のしての役割を担っています。

上野といえば、パンダのいる動物園があまりに有名です。
年間来場者は500万人とも言われており、都内を代表する観光地です。
この界隈にはパンダグッズやパンダを模したメニューを出す飲食店やスィーツ店が多いのも特徴です。
そのほか、恩賜公園の桜や不忍池、西郷隆盛像、博物館や美術館なども多くの来場者のあるスポットです。
ただ台東区上野という町に限ると、最も有名なのがアメ横です。
上野駅から御徒町駅までの約400mの間には500以上もの店舗が立ち並んでいます。
その横丁と並行する中通りや中央通り、ガード東側の駅前通りなどを含めれば800を超える店の立ち並ぶ一大商業地帯です。
特に歳末は連日50万人を越える買い物客が訪れ、だみ声の物売りは風物詩にもなっています。
また最近では、流行語大賞にもなったドラマの影響で、アメ横センタービルにアイドル劇場が設置され、田舎のご当地アイドルのお披露目劇場として人気を博しています。