上本町六丁目の風俗情報

上本町六丁目(大阪)の駅についてエリアの特徴

上本町六丁目は上町筋と千日前通りが交差するところに位置し、大阪市電の駅です。
1910年に上本町線の駅として開業されました。
そして1914年に九条高津線、大阪電気軌道が開通して1969年に廃線になるまでターミナル駅として活躍しました。
1970年に大阪電気軌道を母体とした近畿日本鉄道の難波線の開業で、主要ターミナル駅ではなくなり、奈良方面や、名古屋伊勢方面の特急電車の始発駅ではなくなりましたが、今でも地上ホームから伊勢方面への特急以外の電車や一部の特急電車の始発駅として活躍しています。
上本町六丁目という駅の名前から「上六」と呼ばれて親しまれている駅です。
そして市バスの停留所名としても「上六駅」という駅名が使われています。

上本町六丁目の界隈では繁華街となっています。
駅構内には近鉄百貨店、シェラトン都ホテルが入り、上本町YUFURAやハイハイタウンなどの複合商業施設もあります。
上本町六丁目は今では近鉄の「大阪上本町」という名前の駅になっていますが、大阪市営地下鉄谷町線の「谷町九丁目」駅と連絡し、乗り換えることができます。
大阪上本町からの乗り入れ人口は一日平均、4万人ほどです。
駅周辺には多くの高校や専門学校、塾などの教育施設があり、また日本赤十字病院や聖バルナバ病院などの医療施設もあるため乗車人口も多くなっています。
また駅からは市内路線バスのほか、大阪国際空港、関西国際空港へのリムジンバスや、東京や四国などの高速バスの乗り場にもなっています。

上本町六丁目で遊べる風俗店